田舎はクルマの燃費が良いんです。

こんにちは、アーチビです。

最近のクルマは燃費計が装備されているので、満タン方のように
走行距離数(km) ÷ 入った燃料(ℓ) = 1リッターでの走行距離
という燃費計算をしなくなりましたねぇ。(主観です)

Sponsored Link

PVアクセスランキング にほんブログ村

下の画像は我が家のN-BOX(FF ターボ)の燃費計です.
ガソリンを満タンにして41.1km走行時点での燃費が、30.5km/ℓ

これ、けっこう凄くないですか? (⌒▽⌒)/

これは、出発してから下り方面に向かい、尚且つほとんどの信号が青だったのでストップ&ゴーが少なくてこの数値になったという極端な例です。(^_^;)

わが家のクルマの使い方では、近場のちょこちょこ走りが一番多いのがこのN-BOXで
平均燃費は16km/ℓ ~ 18km/ℓ

BMW(FR ディーゼルターボ)の場合は遠乗り専用なので
平均燃費は18km/ℓ ~ 21km/ℓ

燃料が軽油なので、財布に優しくて助かっております♪

タント(FF ターボ)は、息子が通勤に使用して平均燃費 18km/ℓ ~ 21km/ℓ

私は四季を通じてオートエアコンはオン状態ですが、息子は、必要のない時はエアコンオフを心がけているようです。

ちなみに、以前に乗っていたミラジーノですが、ノンターボ4WDで、重くて非力なので、アクセルを開ける時間が多く、平均燃費は 11km/ℓ~13km/ℓでした。
( ̄▽ ̄;)

エンジンの燃焼効率が上がり、変速機もCVTや多段変速ATに進化していますので、新しいクルマの方が燃費が良いという事もありますが、軽自動車等の小さな排気量車は、ターボ等の過給機付きでアクセルを開け過ぎなくても流れに乗れるパワーやトルクを持ったタイプの方が高燃費が期待できると思います。

都会と比較し田舎は、信号機や止まれの標識が少なく、渋滞も少ないので当然ですが燃費は良くなります♪

山道やアップダウンが多いので、ぶっ飛ばせば燃費はかなり悪化しますが、交通の流れに沿った運転をしていると、燃費走行の気遣いなしで高燃費が期待できます。

私は、ハイブリッドカーを所有した事がありませんが
「軽自動車でディーゼル&モーターのハイブリッドでターボ付き」
なんてクルマができたら、面白いですよね♪ (^▽^)

でも、そうなると、250万円とか300万円になってしまうのかな?
軽自動車でその価格では買う人が限られてしまいますね。

BMWの点検でディーラーに伺った時、ショールームに展示されていた「i3」の価格を聞いたら、540万円~640万円と言われ、私的には驚いたのですが、そういう車種の購買層があるということは、高額な軽自動車もありかもしれませんね。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする