妨害(あおり)運転罪施行! 対象となる10種型の違反を考えてみる。

こんにちは、アーチビです。
あおり運転の厳罰化である妨害運転罪がいよいよ施行されます。

対象となる10種型の違反により免許停止や免許取り消し処分を受けるドライバーが急増するかもしれません。

どんな違反なのか?を考えてみたいと思います。

今までは「あおり運転」を取り締まる規定がなかったので、「車間距離保持義務違反」や「安全運転義務違反」として取り締まるしかなく、明らかに酷い場合は「危険運転致死傷罪」などが適用されていましたが、2020年6月30日からは『妨害運転罪』として明確に規定されます。

Sponsored Link

PVアクセスランキング にほんブログ村

1、妨害運転の対象となる10種型の違反

(1)通行区分違反

通行区分違反は目茶目茶危険運転なので、わざと危険行為に及んだ場合はもちろんですが、知らず知らずの逆走も含まれるんでしょうねぇ。

(2)急ブレーキ禁止違反

事故や渋滞での緊急ブレーキは別ですが、故意に急ブレーキを踏み後続車の通行を妨げる行為ということです。

(3)車間距離不保持

これぞ「元祖あおり運転」です。
前走車にピッタリくっ付いて走るクルマを今でも見かけますが、急いでるわけでも悪気があるわけでもなく、癖でくっ付いて走る人いますよね。
その癖を治さないと「免許取消しの可能性あり」ですからね!

(4)進路変更禁止違反

他の車両の迷惑(危険を及ぼす)になるような進路変更の禁止ですね。

(5)追い越し違反

左側からの追い越しや、黄色実線のはみ出し禁止違反だと思いますが、挿絵から察するに、追い抜く相手を危険にさらす場合に適用かな?

(6)減光等義務違反

ハイビームのままの走行は、前走車にも対向車にも眩しくて危険です。
また、急接近でのパッシングも危険運転になりますよね。

(7)警音器使用制限違反

クラクションは基本的に鳴らさないのが当たり前です。
例えば、赤信号が青に変わっても発進しない前のクルマにクラクションで発進を促す行為も法令違反なんですよね。
( ̄▽ ̄;)私は鳴らしちゃいますが!

昔はね、山間部の見通しが悪いカーブに「警笛鳴らせ」の看板があったのですが、今は道路が整備されたから見なくなりました!

というわけで、クラクションは、「危険を防止するためにやむを得ない時」以外は鳴らしちゃダメなんです!

(8)安全運転義務違反

これは幅寄せなどの危険行為ですね。
こういう行為をする輩は超短気なんですかね?

(9)最低速度違反(高速自動車国道)

前に割り込んで減速するなどの危険行為はもちろんですが、わざと遅く走り後続車をイラつかせてあおり行為を誘発する「あおらせ屋」にも適用して欲しい違反です。

(10)高速自動車国道等駐停車違反

これはね!絶対にやってはいけない行為です。

2、罰則と行政処分について

(1)妨害運転(交通の危険のおそれ)

他の車両等の通行を妨害する目的で、一定の違反(上記10種型の違反)行為を行い、当該する他の車両等に道路における交通の危険を生じさせるおそれのある運転をした場合。

3年以下の懲役 又は 50万円以下の罰金
違反点数25点 免許取消し(欠格期間2年)

※前歴や累積点数がある場合には最大5年

(2)妨害運転(著しい交通の危険)

(1)の罪を犯し、高速自動車国道等において他の自動車を停止させたり、その他の道路においても著しい交通の危険を生じさせた場合。

5年以下の懲役 又は 100万円以下の罰金
違反点数35点 免許取消し(欠格期間3年)

※前歴や累積点数がある場合には最大10年


リターンライダーランキング

3、まとめ

例えば、片側2車線以上の高速道路や自動車専用道路で、追い越し車線を低速(法定速度か、それ以下の速度)で走り続ける車両に出逢った場合はどうなのでしょうか?

速度差から近づいてしまうと「車間距離不保持」でしょ!
クラクションを鳴らせば「警音器使用制限違反」でしょ!
左車線から追い抜けば「追い越し違反」でしょ!(危険行為でなくても左からの追い抜きは2点減点、罰金9,000円です。)

ということは、まだ近づかないうちに軽くパッシングで教えるのはグレーゾーンですかね?
でも、追い越し車線低速ドライバーはミラーを見ていない確率大ですよね!(苦笑)

ということは!?

左車線が空いたまま追い越し車線だけ超渋滞が起こる可能性もありですよね。

まぁ、そのへんは臨機応変ということなのでしょうけど、抜かれた側が「怖かった」と思うかどうかにもよるところが何だかアバウトで怖い感じです。

結局は、警察資料にあるように

思いやりと、ゆずり合いの運転をみんなで実行する!

という結論になるのですが、これは、あおり運転をする側だけではなく、「あおり運転をされがちな運転をしておられるドライバーさん」にも言えることだと思います。

最後に、厳罰化は自転車運転にも施行されますので、自転車をお使いの皆様も気を付けてくださいね。

Sponsored Link

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村