スマホ「ながら運転」厳罰化 一発免停もあるので気を付けましょう

こんにちは、アーチビです。

昨日、地方の 80km/h 制限の高速道路を走っていたら、1台だけなのに80km/h 以下のスピードで追い越し車線を走り続けるステップワゴンさんがおられました。

「もしかして!あおらせ屋?」なんて思ったのですが、最近、それ系のニュースが多いから、私の思考も間違った方向に行っているのかも?
( ̄▽ ̄;)あれま!

Sponsored Link


リターンライダーランキング

さて、スマートフォンなどを使用しながら車の運転をする「ながら運転」が、12月から厳罰化されることになったようですね。

違反点数と反則金を、なんと約3倍に引き上げる改正道交法施工令を閣議決定ということなので、今まで2点だった違反が6点となると一発免停があり得ますよね。
もうねっ!クルマに乗ったらスマホや携帯には触らないようにすべきですよね。

1、12月からの点数と罰金の表

「ながら運転」厳罰化
    違反点数 罰  則
携帯電話使用等 保持 3点 6月以下の懲役
または
10万円以下の罰金
     
交通の危険 6点 1年以下の懲役
または
30万円以下の罰金
       
反則金 保持 大型車 2万5000円
普通車 1万8000円
二輪車 1万5000円
原付車 1万2000円

2、現在と比べてどの程度変わるか

施工令は、クルマやミニバイクを運転中に携帯電話で話したりスマホを注視したりする違反「携帯電話使用等(保持)」の点数を1点から3点に。

通話や注視によって交通の危険を生じさせる違反「携帯電話使用等(交通の危険)」は、2点から6点に引き上げられます。

「保持」の反則金は「大型車」が7千円から2万5千円に、「普通車」は6千円から1万8千円、「二輪車」は6千円から1万5千円、「原付車」は5千円から1万2千円になります。

厳しいと言えば厳しいのですが、要は、やらなければいいんです。

3、頻繁に捕まる私の知人

ちなみに、私の仕事仲間は交通違反でよく捕まるんですが、全てが運転中の携帯電話使用です。短気な性格なので電話が鳴ると出てしまうそうで、累積で免停にもなっております。

最近はハンズフリーキットを使っているようですが、それを装着していない時に限って電話があったりして、またそんな時に限ってお巡りさんに見られていたりして、彼の免許がゴールドになることはないかもしれませんが、この道交法改正を機に運転中通話をキッパリと止めて、ゴールド免許を目指して欲しいと思います。

4、バイクのスマホホルダーは?

ところで、バイクのスマホホルダーにスマホを装着し、ナビ画面にしていてナビを注視している場合ってどうなるのでしょう?

ナビとして使っていてもスマホに変わりはないわけだからアウトですかね?
こういうシチュエーションも気を付けるべきですね。
( ̄o ̄;)

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村

「ながら運転」を巡っては、ドライバーがスマホを操作しながら運転したクルマによる死亡事故が相次いだことから、遺族らから罰則強化を求める声が上がっていたとのことなので、今回の強化は当然の施工だと思いますし、「あおり運転」についても、「あおらせ屋」のような愉快犯への罰則がまだ整備されていないので、これから強化されていくんでしょうね。

Sponsored Link

PVアクセスランキング にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする