高級腕時計などの偽物やスーパーコピーについてのお話

こんにちは、あーさん(私)と、ちびさん(妻)の、二人合わせてアーチビブログです。

前回の「私が好きなクロノグラフ 腕時計のお話」の続きになりますが、高級腕時計の画像を掲載してセレブ気取りを演じてみたあーさんの時計は本物なのか?
に対する答えのページになります。

Ninja1000&TAG-Heuer_CARRERA

Sponsored Link

【1】腕時計は1~2万円でも高い?

私が高級腕時計に興味を持ったのは20代後半でした。

でも、その頃は子育てが忙しくて高級腕時計など買える身分ではなく、でも車は好きだから、お金が貯まっては車のパーツを購入して弄る日々を送っておりました。

だから、1~2万円で買える時計で十分に満足しておりました。

1~2万円でも高いと思っておりました!

で、随分前になりますが、知り合いの高級バッグや時計を扱うブランド品店が閉店することになり、閉店までのカウントダウンでバーゲンプライスが少しずつ拡大して行くセールがあったんです。

私はそのお店に足繁く通って、「オメガ スピードマスター プロフェッショナル(正規品)」の金額がどこまで下がるのかをチェックするようになったんです。


(オメガ スピードマスター プロフェッショナル)

スピードマスターは大好きな時計ですが購入する意思はなく(そのお金があるのなら車のパーツを買いたいから)、伺う度にショーケースから出して貰い、手に取ってみるだけで満足しておりました。

例えば、Amazonで売っている並行輸入品でも60万円近い金額です。正規品の価格がそれよりも安く買えるという意味ではお得感満載だったのですが、自分だけの為にそんな金額を支払うのは家族に申し訳ない気持ちがありました。

 
で、ある日、売れちゃってたんですよね。
 
しょうがないですよね・・・。
 
 
で、その約一週間後!
⇩は、その当時やっていた某大手ブログサイトにアップした画像です。
 
① その日は誕生日、私のパソコンの前に何やらブツが!
② 開けてみると!何とビックリ「オメガ スピードマスター」が!
③ 安物時計コレクションを入れていたケースが手狭になったので!
④ 私が支払ったお金は新しいケース代だけ!
という内容でした。
 
なんと!
オメガの購入者は、わが妻のちびさんであり、私へのプレゼントだったんです!
 
 
で、腕に合わせるコマ抜きの為にそのお店に持って行くと、「奥様に口止めされていたけど、あーさんに黙っておくことが辛かったぁ~!」とのこと・・・。
 
その当時の私は、公私に多忙で精神的に疲れきっていた時期で、妻から私への感謝の気持ちを込めた「家族のために頑張ってくれてありがとう♡」というプレゼントでした。
 
わたし、その日は妻への感謝で泣きました!(涙)
 
わたしって女神?
 
 

【2】偽物に騙された!?

話は腕時計から逸れますがっ!
下の画像は、10年以上前にヤフオクで購入した「RSタイチ」というバイク用品ブランドのグローブです。
 
 
RSタイチのグローブは種類が豊富なので、例えば、Amazonなどで購入すると、6,000円~15,000円というところでしょうか?

 
で、私のグローブは「新品で2,000円弱のRSタイチ」という安さに惹かれて落札したのですが、届いてみると、革の縫い合わせ部分が逆で明らかに偽物でした。
 
ただね、使い心地は悪くなく、本革製だから朽ちることもなく、今でも問題なく使っています。
 
結果的には騙されたわけですが、購入金額と現在の満足度を考えると、「こういう騙され方は逆にありなのかな?」と思わせるところが偽物の在り方なのかもしれませんね。
 
これだけ長持ちするってことは、偽物工場の生産というよりも、メーカーの他国生産工場の失敗作を裏で売ってたのかな?なんて思うのですが、ちなみに、現在のヤフオクは、偽物を本物だと偽って売る出品者は直ちに退場だと思います。


リターンライダーランキング

 

【3】本物と間違える偽物?

さて、冒頭画像でNinjaのタンク横で素敵に輝いている「TAG Heuer CARRERA(タグホイヤー カレラ)」ですが、これはなんと!偽物でございます!
 
俗に言う「スーパーコピー品」になるのかな?

(1)スーパーコピーとは

上記のグローブの様に縫い目の閉じ方が間違っていたり縫い方が荒かったり素材自体が悪かったり、素人が見ても明らかに本物ではないものは「偽物」として分かりやすいのですが、ある程度の良質な素材を使用し技術を持った職人が関わった商品となると本物に近い完成度になるわけで、素人では本物との区別が困難になります。

それが「スーパーコピー」と呼ばれる製品です。

私のタグホイヤーの場合、素人所見では「見ても本物!手にとっても本物!」です。

でも、よぉ~く観察すると!

秒針が、チッチッチッチッ!という細かい動きではなく、チッ!チッ!チッ!という間隔が空いたクォーツの動きなんです!

つまり、機械式(自動巻き)の本物ではなく、クォーツ式(電池式)の偽物なんですねぇ~!

「俗に言うスーパーコピー品になるのかな?」と言ったのは、「本当のスーパーコピーならば、本物と同じ自動巻き!」ですもんね。
( ̄▽ ̄;) コピー品に本当もクソもないんですけどね!(笑)

 

(2)スーパーコピーって違法なの?

ブランドメーカーが丹精込めてデザイン・製造した商品を真似て作り、それを売って利益を得るのは間違いなく違法ですよね!

 かの国の得意技?
 
でも、グレーゾーンではありますが、スーパーコピーを自分が使用する目的で購入するのは違法ではないんですよね。
 
ただし、海外のネットショップで購入(スーパーコピー販売サイトはほぼ間違いなく海外です)すると、自分用かどうかの確認のために税関から連絡がくる場合もあります。

また、「お金は振り込んだけれど商品が届かない!」とか、「商品は届いたけれど粗悪品が届いた!」とか、「注文した商品と違ったけれど連絡が取れない!」など、様々なリスクが存在するので、手を出さない方が賢明なのは言うまでもありません。

【4】あなたは買う?買わない?

 
では、「あーさんは何で持ってるの?どういうふうに買ったの?」って話しになりますよね?
(笑)

(1)ブランド名が違うタイプ

私ね、安価な時計は何本か持っていて、TPOに合わせて使い分けていたりするんです。
使わなくなったけどケースに空きがあるとカッコ悪いから残しているものがほとんどなんですけどね!(笑)
 
 
でね、例えば、画像左上の「ロレックス・デイトナ」に似たクロノグラフは「ELGIN(エルジン)」というメーカー製で、Amazonだと1万円前後で購入できます。
 
高級ブランドそっくりの商品を安価なクォーツ式で作り、商標はそれぞれのメーカー名で売っているケースが多いのは腕時計マーケットの不思議なところですよね。

 
商標が違えばそっくりでも違法にならないの?
 
車のレプリカの様な感じなのかな?
 
 
私の場合、本物のオメガを使うのは妻と出掛ける時か仕事などで勝負しなければならない時だけで、バイクに乗る時や飲み屋に行く時などは、傷つけることがあるから安価ブランドを着けるわけで、それで満足なんです!
 
私の生活環境的に装着機会が限られる本物はオメガ1本で十分なんです!(笑)
 
で、バイクに乗る時用で雑に扱えるカッコいい時計が欲しくなり、当初は「タグホイヤー カレラ」にそっくりの「セイコー スピリット スマート」を買おうかな?と思ったんです。

 

(2)ブランド名も同じタイプ

でも、その「カレラデザイン」を見ちゃうとね!
昔から憧れていた「カレラ」ならば、やはり「TAG Heuer CARRERA」という刻印が欲しいわけで、でも、バイク用だから雑に扱える安物でいいという無い物ねだりなわけで!(苦笑)

それならばと、存在は知っていたけれど怖くて手を出さなかった「スーパーコピー」を、一度は試してみようと思ったんです。

金額は、⇧で紹介している「セイコー」とほぼ同じだから、決して安いわけではなく、リスクがデカいからリスクを最小限に抑えるために後払いのサイトを探し、何度か質問のやり取りをして、機械式かクォーツ式かの確認をしてから注文してみました。
( ̄▽ ̄;) 下手な日本語には目をつぶりました!(苦笑)

そういう危なっかしい販売サイトの紹介はできませんし、個人情報流出などのリスクも含めてお勧めもできませんが、私の場合、商品自体は悪くなかったです。

ただ、精度や信頼度については、同価格帯のセイコーの方が確実に上なのは言うまでもないと思います。

ちなみに、本物の「タグホイヤー カレラ」は、並行輸入品でも50万円近いかそれ以上です。

 
 
もうひとつちなみに、クォーツを選んだ理由は、偽物なんだからむしろクォーツがいいと思ったんです。
 
というのは、コピー技術がある職人が作るとしても、長年培われたスイス製の機械式の正確な動きは一長一短には真似できないわけで、特に歯車やゼンマイなどの素材・材質などは真似しようがないから故障が早いと思いますし、それならば、偽物と割り切ってクォーツを選んだ方が時の刻みも正確で壊れないと思ったからなんですよね。
 
誰が見ても本物に見える偽物が欲しい場合は自動巻きを選ぶべきですが、私の場合は、偽物と分かるところを残しておかねば悪い気がしたというか、完全コピー品を所有するのは犯罪に近い気がしたんですよねぇ~!(苦笑)
 
というわけで、「一度は試してみたかったものを試して結果は悪くなかったけれど、二度目は無いな!」というのが私の率直な気持ちです。
 
また、買取店などに持ち込むのは勿論違法ですし、壊れたら修理は不可なので捨てるか?飾るか?ですね!
 
 

【5】腕時計用の工具について

コピー品に限らず、ネットなどで腕時計を購入すると、自分の腕に合わせるコマ抜きとか、クォーツの場合は電池交換のために工具を持っておくと便利です。
 
⇩は、私が長年使っている工具です。
 
コマ抜きは、⇩こんな感じです。
 
工具は千円台からありますが、⇩これあたりがお勧めかな?

 
 
ちなみに、前出のエルジン(⇩画像左上)は20年くらい使っていますがケース部は壊れることがなく、ベルトはバックルが壊れたからネットでベルトを購入して加工取付けしました。

 

 

【6】不思議な時計マーケット

ここからは、私が不思議に思っていることです。
例えば、⇩の「オメガ」が本物かどうかなんて私には分かりませんが金額を見て頂くと面白いです。

 
 
「ロレックス デイトナ」は、並行輸入品でも500万円以上だったりしますが!

 
 
でも、⇩こんな商品もあったりします。

ってことは?
リスクを冒して如何わしいサイトと取引しなくても、Amazonで買えるモノもある?

どうなってんのぉ!?

まあね、例えば、500万円を支払って偽物を掴まされたら詐欺の被害者ですが、1万円でロレックスを購入して、それが偽物だったとしても文句を言う人はいないでしょうからね!
(苦笑)

腕時計って、下は数百円から上は数千万円まで、金額の差が激しすぎてつくづく不思議に感じるのですが、結局は自己満足の世界だから、自分良ければそれで良し!と致しましょう♪
(^▽^;)/ それではまたっ♪

Sponsored Link

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村