チェンソー修理 共立 KIORITZ CS-302

こんにちは、毎度でありますが、田舎でバイクなんぞに乗っておりますと、草刈り機などの修理を頼まれるアーチビです。

今回の修理は、「共立 KIORITZ CS-302」というチェンソーです。

亡くなられたお父様の愛用品で長い間倉庫に放置されていたものを、息子さんが使ってみたいので、動くかどうかを見て欲しいという依頼内容です。

父の遺品を息子が使うというシチュエーションですからね、私、こういうのに弱いので、是非動くようにしてあげたいですよね♪

Sponsored Link

PVアクセスランキング にほんブログ村

1、エンジン始動を試みる

燃料タンクを覗いてみると、タンク底に少量のガソリンが残っております。
何年間の放置か分かりませんが、ガソリンを使い切っての保管と、使い切らないでの保管は、ゴム類の劣化が全く違うので少し心配です。
(^_^) 使い切っての保管がベストです♪

で、エンジン始動を試みましたが、プスンッ!とも言いませんでした!(苦笑)

では、順序を追って直して行きましょう!
(^o^)/ 頑張ろうっ!

2、チェーンの状態

チェーンストッパーが付いていないタイプなのに、チェーンが全く回転しません!

スターターロープは引けるのでエンジンの焼き付きではないことは分かりますが、エンジンが動いてもチェーンが回らないでは意味がないので、まずはここから見て行きましょう♪

(1)チェーンの固着

下画像の⇩部分、チョークで印をつけておりますが、チェーンが錆びついて、継ぎ目が固着し曲がらないので、スプロケット(本体側のギア)に引っかかって止まる症状です。

チェーンに防錆潤滑剤「KURE CRC 5-56」を吹き付け、なんとか固着を解消しました。

(2)張り調整ボルトの歪み

チェーンの張りを調整するボルトがくの字に曲がってガイドバー(チェーンを装着する金属プレート)に干渉してピッタリ収まらず、チェーンのドライブリンク(溝側の足)の送りが窮屈になっているのも回らない原因だと思います。

これは、外してハンマーなどで叩くとネジ山を痛めるので、調整用のピン(突起物)を曲がったネジの山の位置に持ってきて、ハンマーでコンコンと叩きながら真っ直ぐの位置に調整しました。
( ̄▽ ̄;) 何度も繰り返す地道な作業です!

修正後、ガイドバーとチェーンを装着すると回転するようになったので、次はエンジンに取り掛かります。

3、プラグの状態をチェック

プラグを外し、プラグキャップに装着し、スイッチを「ON」にして、プラグを金属部分に接触させてからスターターロープを引き、スパーク(火花が出るか)を確認します。

下の画像は、エンジンシリンダーに接触させたドライバーにプラグを接触させて、プラグと本体の通電を確認している状況です。

スターターロープを引くと火花がバッチリ出たので、電気関係は大丈夫と分かりました♪
プラグも交換の必要はないと思います。

4、燃料をチェック

プラグの先端が濡れていないのでシリンダーまで燃料が届いていないことが分かります。
燃料フィルターをチェックしたところ、ガチガチに固まっていました。

ガソリンが染み込んで問題ないように感じますが、芯の金属が劣化しているので、新しいフィルターに交換しました。

悪い事ばかりではなく、燃料ホースのゴムは弾力があってシッカリしているので、他のゴム類も大丈夫そうだと少し安心しました♪

次に、古い燃料は全て抜き取り、新しい混合ガソリンを給油しました。

5、エアフィルターをチェック

エアフィルターを外し、キャブレター周囲の汚れをエアコンプレッサーで吹き飛ばして掃除しました。
見えない箇所は別にして、見えるところは汚れが少ないので、基本的に大事に扱っておられたことが分かります。

6、再度エンジン始動を試みる

チェーンを装着して、再度エンジン始動を試みると、エンジンが始動し、最初はグズグズしていましたが、やがて良い感じで回り始めました♪

キャブレター内の古い燃料が尽きて、新しい燃料に変わったら一気に好調になったということですね♪

7、チェーンオイルが出ない

エンジンは好調になりましたが、チェーンオイルが全く出ていません。

チェーンオイルはチェーンの潤滑と冷却を兼ねているので、これが出ないと、ガイドバーやチェーンが熱を帯び、最悪の場合チェーンが切れて怪我に繋がるので非常に重要です。

(1)ダイヤル調整

チェーンオイルタンクは満タンですが、オイル調整ダイヤルを回してみても全く出ないので、これは、お父様が使っておられた頃から出ていない可能性がありますね!
だからチェーンが錆びついていたのだと思います。

(2)オイルポンプを探す

オイル調整ダイヤルが付いたタイプの修理は初めてなので、オイルポンプが何処にあるのかを探ってみることにしました。

プラグを抜き、ピストンストッパーを止まる位置までねじ込みます。

ピストンストッパーは、文字通り、ピストンの上に突っ込んでピストンの動きを止めることで、クラッチなどを外しやすくする治具であります。
余程のDIY好きでないと一般的には必要ないですよね!

 
で、スプロケットとクラッチを外してみると(どちらも逆ネジなので時計回りで外れます)、通常ならば下画像の黄色矢印で示した辺りにオイルポンプがあるのですが、この機種はオイル調整ダイヤルを外すとエンジンに直通したユニットがあり、それがオイルポンプの様です。
 
というわけで、この作業は無駄足でした!(笑)
 
とはいえ、クラッチを外すのは結構難儀な作業なので、この機種のこの辺りを見たい人の参考のために画像を載せておきますねっ♪
 

(3)オイルポンプを掃除

調整ダイヤルのユニット(たぶんこれがオイルポンプです)を引き出します。
 
古いオイルが固まって詰まっているかもしれないので、キレイに掃除します。
切り屑なども写り汚い画像でごめんなさい。
 

(4)オイルタンク内の簡易洗浄

オイルポンプを掃除後に装着してもまだオイルが出なかったので、オイルタンク内のオイルを全て抜き、サラサラ系のマシンオイルをタンク内の四分の一ほど注入し、オイルタンクキャップを閉めて本体をガシャガシャと揺すり、タンク内の簡易洗浄を行いました。
 
洗浄したマシンオイルは全て抜き取り、その後、粘土低めのオイルを満タンにして、エンジン始動をしたところ、見事にオイルが循環致しました♪
 
٩(ˊᗜˋ*)و やったぁ~♪
 
オイルポンプの調整は、ネジが止まるまで締め込んだ後、約半回転開き、その上に調整ダイヤルを取り付けると、「オイルが出ない位置」から「たくさん出る位置」まで、シッカリと機能する様です。
 
チェーンオイルが出たことで、サビて動きが悪かったチェーンの動きが良くなりました♪
 

8、目立て

 
たぶんお父様は自分で目立て(切れるようにする作業)をしておられたと思うのですが、チェーンの刃の形が悪くなっているので、研ぎ直します。
 
フック型のチェーン刃は、包丁などと違い、フックで引っ掻いて木材などを切るので、目立て時にヤスリを通す角度が悪いと切れが悪くなってしまいます。
 
下の挿絵の左が正常だとしたら、今回のチェンソーは右のように引っかかる部分が無くなっています。
 
 
下画像のように、ヤスリで研ぐ際にガイドバーに対して垂直方向が正しいのですが、ついついチカラが入って上向きに研いでしまうとフック状ではなくなってしまうんですね。
 
下画像は上から見た様子です。

(スチールチェンソーより引用)
 
刃の大きさにより、ヤスリのサイズも変わりますが、今回は4mmの丸ヤスリを使いました。

 

9、まとめ

 
チェンソーなどを全く触ったことがない方の依頼なので、受け取りに来られた時に、エンジン始動方法などをお教えして完了となります。
 
最近依頼された修理依頼は私自身が触ったことがないエンジン発電機などで、趣味でやっている身としては楽しくなかったのですが、今回の修理は久々に楽しく修理を致しました♪
 
 
依頼主様は、実家の植木の伐採などをお母様に頼まれて、今までは手引きノコでやっていたそうですが、これで効率がグンッ!っと上がります。
怪我に注意して親孝行をしていただきたいです♪
(^▽^)/ それではまたっ♪

Sponsored Link