「お札(さつ)は要らない女の事件」というお金にまつわるお話

こんにちは、アーチビです。

国内で発行されたクレジットカードの不正利用額が、2021年は330億円に達したそうです。

このうち94%に当たる311億円が、他人のカード番号や有効期限等を利用し本人に成り済まして使用した「番号登用」の被害だったとのこと。

あっ!ちなみに今回のブログは真面目な内容ではありませんからね、あしからず!

Sponsored Link

PVアクセスランキング にほんブログ村

1.クレジットカード不正利用とは

メールやショートメッセージサービスで偽サイトに誘導され、カード番号を入力して盗まれてしまう「フィッシング」の手口が広がっているそうです。

サイバー攻撃で通販サイトからカード情報が流出し悪用される被害も目立ったとのこと。

下手な日本語ですぐに分かっていた詐欺メールですが、最近は日本語が上達しましたからね。

何らかの異常や変更を促すメールが届いたら、先ずは疑う事が重要です。

2.ドジな姉シリーズ

さて、今回のブログのメインはここからになります。
キャッシュカードを無くしても気づかないドジな姉の新ネタです。

最初に断っておきますが、しょうもないお話ですよ!

(1)逆詐欺師!?

姉は、とあるデパートにて現金で買い物をしました。
その際、ポイントが付くこともあってクレジットカードも一緒に渡しました。

買い物を終えた帰宅途中、コンビニに寄った時に、カードが無いことに気づきました。

デパートで受け取らなかった? それとも落としたの?

この時点では全く分からない状況です。

急いでデパートへ引き返し、駐車場の受付で確認するも哀れまれるだけで物は無し!

で、買い物をした売場に到着するなり、売り場の女性ではない社員の男性に呼び止められ、カードと釣り銭を受け取らずに帰った事を告げられました。

ドジの根拠は、釣り銭の小銭だけ受け取ってカードとお札(さつ)は無視して帰るところです。

詐欺師は何とかしてカードや現金を手に入れようとしますが、姉は無意識にカードとお札を提供する「詐欺師タイプ」なんですね!(笑)

(2)逆万引き犯!?

とあるコンビニにて、端末機器での支払いを済ませた姉が颯爽と退店しようとしたら、店員さんに呼び止められました。

小銭だけ取り、お札は無視して帰ろうとしたそうです!

通常、退店時に呼び止められるのは万引き犯だから、これはお金を置いて帰る「万引き犯パターン」ですね!(苦笑)

3.まとめ

というわけで、「お札(さつ)は要らない女の事件」でした!

(^▽^;)/ それではまたっ♪

Sponsored Link

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村