ニンジャ1000 Ninja1000 各種設定・使い方

こんにちは、アーチビです。

「歳を取ると物忘れが酷くていけねぇや!」と感じる事がありませんか?

旧式のバイクばかりに乗っていた私は、電子制御満載の「ニンジャ1000」に乗り換えてから、少々戸惑うのがインジケーター類の切り替え手順です。

いちいち取扱説明書を見るよりも、「あれ?どうだったっけ?」と思った時にスマホでチェック出来るページを作る事に致しました。

Sponsored Link

1、各設定ボタン

<メータユニット内のボタンで設定可能な機能>

「時計」「シフトアップインジケーター」

〇メータユニットの「アッパメータボタン」と「ロアメータボタン」で各種設定を行います。
〇[黄色枠]で囲った箇所は「マルチファンクションディスプレイ(上段)」です。
〇[赤色枠]で囲った箇所は「マルチファンクションディスプレイ(下段)」です。

<左ハンドルのマルチファンクションボタンで設定可能な機能>

「KTRCモード」「パワーモード」

〇左ハンドルの「アッパボタン」「SEL ボタン」「ロアボタン」で各種設定を行います。
〇[黄色枠]で囲ったスイッチの総称が「マルチファンクションボタン」です。

<メータボタン・左ハンドルボタンの両方で設定可能な機能>

「マルチファンクションディスプレイモード(上段)」

「マルチファンクションディスプレイモード(下段)」

それでは、それぞれの設定方法を説明致します。

2、マルチファンクションディスプレイ(上段)の切り替え手順

「メータユニット:アッパメータボタン」または「左ハンドル:アッパボタン」を押す毎に

[オドメータ(ODO)]→[トリップメータA(TRIP A)]→[トリップメータB(TRIP B)」

の順番で切り替わります。

3、マルチファンクションディスプレイ(下段)の切り替え手順

「メータユニット:ロアメータボタン」または「左ハンドル:ロアボタン」を押す毎に

[外気温度(AUTSIDE)] → [航続可能距離(RANGE)] → [平均燃費(AV)] → [瞬間燃費]

の順番で切り替わります。

4、時計の時刻調整方法


<画像の説明>
①「アッパメータボタン」
②「ロアメータボタン」
  黄色枠が時計です。

(1)イグニッションを「ON」にします。

(2)①と②を2秒以上押して時刻調整モードにすると<時>と<分>が点滅します。

(3)②を2秒以上押して 12/24 時間表示モードにします。

(4)①を押して12または24時間表示を選択します。

(5)②を1回ずつ押すと時刻調整モードに戻り、点滅位置が<分>→<時>に順次変わります。数字を合わせたいところに点滅位置を合わせます。

(6)数字合わせは①を押して行います。

(7)時刻合わせが終わったら、②を押して<時>と<分>を点滅させます。

(8)最後に①を押すと、点滅はなくなり時計の表示に戻って完了です。


リターンライダーランキング

5、シフトアップインジケータ設定方法

シフトアップインジケータを作動させるエンジン回転数を、「5000rpm」から「11000rpm」の間で設定できます。

<画像の説明>
①アッパメータボタン
②ロアメータボタン
③シフトアップインジケータ

<設定手順>
(1)①と②を同時に2秒以上押し続けると、時計の<時>と<分>が点滅します。

(2)①を2秒以上押すと、シフトアップインジケータ設定モードに切り替わります。

(3)更に①を押すと、シフトアップインジケータの「ON」「OFF」が切り替わります。

(4)③の黄色LEDが点滅している状態が「ON」。消灯している状態が「OFF」です。

(5)「ON」の状態で②を押して、シフトアップしたいエンジン回転数を設定します。

②を押すと、設定回転数は250rpmずつ11000rpmまで上昇します。
設定回転数が11000rpmまで上昇すると、シフトアップインジケータの設定は5000rpmまで戻り、再度上昇を続けます。

(6)任意の回転数に合わせた後、①と②を2秒以上押すと通常の表示に戻って完了です。

<走行時の状態>
設定した回転数になると、③シフトアップインジケータの黄色LEDが点滅し、同時にタコメーターの針先が光ります。

6、KTRC(Kawasaki TRaction Control)の説明


↑赤枠部分がKTRC表示部です。

<モード1>
スリップ制御を最も控えめにしたモードです。

<モード2>
スリップ制御がモード1より多めで、モード3より少ない中間レベルです。

<モード3>
他のモードよりスリップが早く抑制されます。様々な状況で、可能な限り後輪のホイールスピンが抑制されます。

<OFFモード>
スリップ制御なしのモードです。

7、KTRCの切り替え手順


<画像の説明>
①アッパボタン(モード3→モード2→モード1→OFF)
②SELボタン
③ロアボタン (OFF→モード1→モード2→モード3)

(1)スロットルを全閉にします。

(2)左ハンドルスイッチの②を押してKTRCモードインジケーターを選択すると、KTRCインジケーターが点滅します。

(3)①または③を押してKTRCのモードを切り替えます。

(4)OFFへの切り替えは車両が停止中の時のみ行えます。

KTRCモードインジケータが点滅した後、30秒経過するかスロットルを開けると点滅が止まり選択しているモードが確定されます。

8、パワーモードの説明


↑赤枠部分がパワーモード表示部です。

<モード F(フルパワーモード)>
最高出力を発揮するモードです。

<モード L(ローパワーモード)>
最高出力の70%程度の出力に制御され、Fモードに比べてスロットルレスポンスが穏やかになります。

9、パワーモードの切り替え手順


<画像の説明>
①アッパボタン:モード F(フルパワーモード)
②SELボタン
③ロアボタン :モード L(ローパワーモード)

(1)スロットルを全閉にします。

(2)左ハンドルスイッチの②を押してパワーモードインジケータを選択すると、パワーモードインジケータが点滅します。

(3)①または③を押してモードを切り替えます。

↑「画像左:フルパワー&KTRC2」「画像右:ローパワー&KTRC1」

パワーモードインジケータが点滅した後、30秒経過するかスロットルを開けると点滅が止まり選択しているモードが確定されます。

10、KTRCとパワーモードの組み合わせ

KTRCとパワーモードは別々に選択できます。
状況に合わせて8パターンの組み合わせが可能です。

例えば、滑りやすい路面では、パワーモードを「L」、KTRCモード「3」を選択すれば、より後輪のスピンを抑えた設定になります。

私の場合、ローパワーモードでも十分速いのですが、最近は「パワー:F」「KTRC:2」での使用が多く、運転が上手くなった気になります!爽快です!(笑)

11、イモビライザインジケータ

Ninja1000には登録された専用のイグニッションキーでないと、エンジン始動ができないイモビライザシステムを装備しています。

イグニッションスイッチをOFFの位置にするとイモビライザシステムが作動し、赤いランプが点滅します。点滅は24時間経過後に消えますが、イモビライザシステムは作動しています。

<イモビライザインジケーターの点滅を解除する方法>
イグニッションスイッチをOFFにしてから20秒以内にアッパメータボタンとロアメータボタンを同時に2秒以上押すとインジケータの点滅モードを解除できます。
もう一度同じ操作をすると、再び点滅モードに戻ります。

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村

乗らないっぱなしのバイク人生なので、久々に乗ると忘れてる設定もあったりするので・・・次に忘れた時はこのページを参考にしたいと思います。

他の人の参考にもなれば幸いです♪
(^▽^)v

Sponsored Link

PVアクセスランキング にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする