バイク用インカム 悩むのを止めて「DAYTONA DT-O1」を買ってみた

こんにちはっ♪
昨年(2020年)の6月にシステムヘルメット(OGK Kabuto Ryuki(リューキ)」を購入後、同時に新しいインカムを買おうとしたけれど、イマイチ決め手がなくて、古ぅ~いインカムで我慢していたアーチビです。

で、同じインカムを持ってたバイク仲間のインカムがダメになり、「そこそこの性能のヤツでいいから買おうよ!」ってことになり、「DAYTONA(デイトナ)」の「DT-O1」を購入してみました。

ゼロワン!じゃなくてオーワン!なのね!

Sponsored Link

PVアクセスランキング にほんブログ村

1,B+com から DAYTONA への変更理由

1年前に「B+com」の「SB6X」を買おうと思ったら、B+com の Bluetoothのバージョンがデイトナの Bluetooth よりも古くて、「B+comは、近いうちに新型(SB7X?)が出るんじゃないのぉ?」と思って待っていたのですが、一向に出ないので諦めました!

ちなみに、⇩画像をクリックしたページの内容も、B+comを購入するに至らなかった理由です。

コロナ禍の影響で半導体などの輸入が滞り、新製品どころではないのかもしれませんが、購入してみると、半額近くで購入できるデイトナ製品で十分だと分かり、B+comの上級バージョンを買ってもオッサンには宝の持ち腐れになると気づかされた結果となりました。

参考ですが、DT-O1は、例えばAmazonでは1個22,000円程度するので、仲間の分を含めて2個セットを購入し、一人あたり20,000円以内で購入しました。

 
2個セットは全てのパーツがペアで同梱されていますが、取扱説明書だけは1冊しか入ってなかったんです。
取説はネットで見えるから問題なしとしました!
 
 
 

2,Bluetooth メッシュネットワークとは

 
Bluetoothって、例えば、パソコンとマウスをつなぐコードを無くすというような、近い距離での一対一の無線化から始まったので、インカムも最初は一対一の使い方が基本でした。
 
でも、それでは複数台のツーリングなどには不向きであり、少しずつ進化しているところに、メッシュネットワーク(DMC)という、インカムに適したシステムが登場したんです。
 
 
詳しくは、⇩のページに書いておりますので、興味がありましたら覗いてみてくださいね。
 
 
で、Bluetoothも2016年にメッシュネットワークに対応し(下表参照)、デイトナのインカムは、メッシュネットワークに対応した「Ver.5.0」というわけです。
 
Bluetooth バージョン(Ver.) アップデート内容
Ver. アップデートの内容
1999 1.0 最初期バージョン
2001 1.1 普及バージョン
2003 1.2 同周波数帯(2.4GHz帯)の無線LANとの電波干渉と音質改善
2004 2.0 EDR(Enhanced Data Rate)機能追加し最大通信速度改善
2007 2.1 ペアリングの簡単高速化
2009 3.0 ハイスピード機能をオプションで追加
2009 4.0 省電力に優れたLE(Low Energy)機能追加
2013 4.1 LTEとの電波干渉を減らし、インターネット接続機能追加
2014 4.2 LEのデータ通信速度を2.5倍に高速化
2016 5.0 データ通信速度を4.0の2倍、通信範囲4倍、通信容量8倍となり、メッシュネットワークに対応
2019 5.1 方向探知機能追加
 
DMCメッシュは高額だけど、BluetoothメッシュはDMCより安価なんですよ♪
 
 
 
 

3,Bluetoothインカムの最高峰はやはりB+com

 
ちなみに、B+com の Bluetooth のバージョンは「Ver.4.1」なのですが、性能が劣っているかといえばそうではなく、独自のシステムでメッシュネットワークに負けない性能です。
 
シェア No.1 は伊達じゃないってことですね!
 

 
2個セットは、⇩こちら

 
 
私も、結構研究した結果が、⇩の記事ですが、こういうことに疎いオッちゃんなのに研究し過ぎたから何を買っていいか迷っちゃったのかもしれませんね。(苦笑)
 
 

4,まとめ

 
迷いに迷った挙句、仲間の「そこそこの性能でいいよ!」の一言で、突然迷いが消えて「デイトナ」を選んだわけですが、B+comの新製品が出るかも?という待ち姿勢の頃は、デイトナを買うなんて1mmも考えていなかったんですよね。
 
ただ、迷う期間が長かった分、頭の中に決め手が沢山蓄積していて、「そこそこの性能!」と言う言葉に真っ先に浮かんだのは「Bluetooth Ver.5.0を搭載していること」と「高性能なのに手頃な価格」、結局それが決め手になりました。
 
 
あと、「信頼できるバイクパーツ専門店のDAYTONA製であること」も重要な要素ですが、私のシステムヘルメットに装着してみると、デザインとカラーもバッチリ似合っておりました♪
( ̄▽ ̄;) 主観ですよ!
 
 
面構成が複雑な「OGK Ryuki 」なので、「インカムへ取り付けは両面テープがいいのか?クリップタイプがいいのか?」、また、「マイクの取り付けはケーブル型がいいのか?アーム型がいいのか?」と、悩むところであり、実際、どちらのやり方も使用例はありますよね。
 
そういう悩みを解決しながら取り付けまでに至った「システムヘルメット インカム装着方法」という記事が下の画像をクリックしたページです。
よろしければ、覗いてみてくださいね。

(^▽^)/ それではまたっ♪

 

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村

Sponsored Link