超カッコいいぜ!MORIWAKI(モリワキ) GB350 カフェレーサー

こんにちは、アーチビです。

現在、車もバイクもノーマル派の私が言うのはおこがましいのですが、ホンダの人気車両である「GB350/S」のワンメークレースが「鉄馬(HSR九州で開催される草レーサーの祭典)」に開設され、そこに、名門モリワキエンジニアリングが独自開発レーサーでエントリーするとのことで、その「MORIWAKI GB350」が実にカッコいいんですよねぇ~!!

超カッコいいぜ!MORIWAKI(モリワキ) GB350 カフェレーサー

Sponsored Link

PVアクセスランキング にほんブログ村

【1】ロケットカウルは斯くあるべし

以前ね、「オートバイの顔について」という記事を書いて、その中で「カウル付きで一番好みのスタイルは丸目単眼ロケットカウルスタイルで、『トライアンフ・スラクストン』や『チュートリアル福田さん所有のBMW』が凄く好き♪」と言っている私ですが、ヤッパね、ロケットカウルはこのタンクサイドまで伸びる形で、タンクのアンダーラインと一直線になるスタイルが一番カッコいいんですよね!
( ̄▽ ̄;) 主観ですよぉ~!

【2】モリワキエンジニアリングとは

私が若い頃のお話です。

「ヨシムラジャパン」の創立者、吉村秀雄氏(ポップ吉村)の弟子である森脇護氏が、ヨシムラから独立し操業したのが「モリワキエンジニアリング」です。
ちなみに、森脇護氏の奥様は吉村秀雄氏の娘さんです。

「モリワキ」はレース活動を積極的に行い、特にフレーム製作で知られ、1970~90年代にかけて、市販車カテゴリーのTT-F1&TT-F3クラスで大活躍したんです。

メーカーより先んじたアルミフレームにKawasaki Z1000のエンジンを搭載した「モリワキモンスター」は、ワークスマシンと互角以上の性能を持ち、1981年の鈴鹿8時間耐久レースではポールポジションをゲットしているほどです。

イメージカラーは昔も今も「ブルー&イエロー」です!

【3】モナカマフラー

モリワキのモナカマフラーは超有名で、その2ピースを挟んで形成される方法が、米から作った皮と皮の間に餡(あんこ)を挟んだ最中(もなか)という和菓子に似ているところからの命名なんですよね。
( ̄▽ ̄;) 違ってたらごめんなさい!

ちなみに、⇩は、Z900RS用ですが、私自身、モリワキモナカは4気筒の集合マフラーに一番似合うと思っておりました!

 

 
ところが!
 
単気筒のGB350にも、メチャメチャ似合います!
 
というか、単気筒カフェレーサーに最適!というほど似合ってますねぇ☆
 
 
私ね、バイクに乗りたくても乗れない「三ない運動(高校生にバイク免許を取らせない運動)」で悶々としていた少年時代に「Kawasaki Z400FX」に憧れていて、「FXを所有したらモリワキにチューニングして貰うんだい!」なんて妄想を抱いていたことがあります!(笑)
 
 
 
ロケットカウルタイプのバイクは、昔の「バンディッド250&400リミテッド」を真剣に探したことがありますし、SR400を改造してロケットカウル仕様にしようかと購入を考えた事もあったりします。
 
 
現在は腰痛持ちなので、前傾姿勢がキツいバイクに乗るのは無理なのですが、「MORIWAKI GB350」の写真を見た時には、久々に心が揺れちゃいました!
 
宝くじが当たったら、ロケットカウル付きのバイクを一台増車したいなぁ~!
と思ったあーさんでございました!
( ̄ ο  ̄;) 買わなきゃ当たんないんだけどねぇ~!
 
 
最後に!
記事のアップが遅れるのを承知でセッセと描いた「モリワキGB350」のイラストが冒頭の一コマ漫画だけでは勿体ないから、もう一枚載せておきまぁ~す♪
 
MORIWAKI(モリワキ) GB350 カフェレーサー イラスト
(^▽^)/ それではまたっ♪

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村

Sponsored Link