覆面パトカーに完全ロックオンされたけれど助かったお話

こんにちは、アーチビです。

久々の道交法違反でドキドキしたお話です。
カーオーディオから流れる音楽に合わせて鼻歌交じりで気持ち良く走行している時、突然、視界に赤い光が入りました。
バックミラーを見ると、赤色灯を点灯した覆面パトカーが後方に急接近しておりました!

覆面パトカーに完全ロックオンされたけれど助かったお話

Sponsored Link

PVアクセスランキング にほんブログ村

【1】明らかな速度超過

メーターを確認すると 70km/h以上 出ていました!(汗)
制限速度は 50km/h の一般道路です。

わちゃ~!超久々の速度違反じゃん!!

と、いうのが私の素直な気持ちでした。

鼻歌交じりに浮かれて運転していたから、覆面車両が隠れていたことに気づかず、スピードのチェックもしていなかったわけで、これは自分が悪い(甘かった)と違反を認めたから素直に停まりますねっ!って感じです。

【2】ロックオンを回避?

で、通常ならば、「前の運転手さん、止まってください!」という展開になるはずなのに、一向に音声が聞こえないんです!

覆面パトカーに完全ロックオンされたけれど助かったお話

実は!覆面パトさんのロックオンに気づいた瞬間、ブレーキは踏まず、パドルシフトでポンポンッと2度のシフトダウンをしたんですよね!

で、スピードは20キロオーバーからギュッギュッ!っと落ちるわけで、どうやら、追尾開始の赤色灯を点灯後に私が気付くのが早かった様で、超過速度計測をできなかったらしく、次の分岐路で分かれて赤色灯も消灯して去って行きました!

 ギリギリセーフ!ですね♪

【3】回避できた理由

追尾に遭う2分程前は後方に車はなく単独走行でしたから!
覆面パトさんは、隠れていた所から、飛ばし気味の私の車両を発見して発進し、そこからフル加速で追いつきつつ赤色灯を点灯し、ロックオンし計測に入るわけで、少なくとも違反車両と同じスピードになって5秒くらいは追尾が必要だから、その5秒以内に私の車が減速したということなのでしょうね。
(高速道路では、300メートルは追尾を行う(10秒弱くらいかな?)ルールがあるそうです。)

追尾式取締りの場合、赤色灯の点灯が必要なので気づくのが早ければ今回の様にセーフになることもあるんですね。

【4】まとめ

私自身、覆面パトさんから赤色灯点灯追尾ロックオンをされたのは初めてだったので、興奮しちゃいました!心は冷めてましたけどねっ!(苦笑)

長年捕まっていないからといって気を緩めてはいけませんよね!
バイクの場合は更に気づかないだろうから尚更ですね!

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村

ただね、私がブログを書き始めた頃の、覆面パトさんに捕まる車両を目の前で見て感じた記事では「追尾に気づいたら恥も外聞も捨ててフルブレーキで回避しましょう!」と叫んでおりますが、今回の私はシフトダウンでごまかしておりますねぇ!(笑)


( ̄▽ ̄;) ⇧この頃より、画力が少し上がったかも♪(笑)

そういう意味では、ATミッション全盛の今でも、マニュアルシフト付きATは、有ると便利な装備だと再認識したアーチビでございますっ♪
(^▽^)/ それではまたっ♪

Sponsored Link