新型N-BOX スマートキー電池交換と電池が切れた時の対処方法(JF3&JF4)

こんにちは、暫くの間、新旧N-BOXを所有することになり、スマートキーの形状が同じなので間違えない様にしなければ!と思っているアーチビです。

新旧のスマートキー形状は全く同じなのですが、エマージェンシーキーの取り出し方法が変更されました。車両はフルモデルチェンジですが、スマートキーはマイナーチェンジという感じですね!(笑)

今回は新型N-BOXのスマートキー電池交換方法と、電池が切れた場合のエンジンスタートなどの対処方法を説明したいと思います。

Sponsored Link

PVアクセスランキング にほんブログ村

1,準備するもの

〇500円玉
〇爪楊枝
〇電池

500円玉が無ければ、他の小銭でも構いませんし、指の爪が長ければ爪楊枝も要りません!
電池は旧型と同じくボタン電池の「CR1632」です。

ディーラーに電池交換を依頼すれば700円~1,500円程度を請求されますが、自分で交換すれば 200円少々 で済むんだから、やらなきゃ損ですよね!

基本的には新型(JF3&JF4)と旧型(JF1&JF2)の電池交換方法は同じで、内臓キーやセキュリティ関係が違います。
旧型のページは、下の画像をクリックすると開きます。

2,電池交換方法

(1)キーユニットを開く

ドアロックボタン側(裏面:Hマーク側)底部に溝があるので、500円玉を差し込んでテコの原理(上下ではなくヒネる感じ)で外します。

溝の凹みと500円玉の厚みが同じ(少しキツイ場合はグッと押し込めば入ります)なので、500円玉がベストだと思います。

100円玉だと少々隙間ができるので、溝を痛める可能性もあります。
例えば、合わないドライバーを使ってネジ穴をナメるのと同じですね。

下の画像で説明すると、右側が浮き、左側はまだ閉じています。
浮いたところを無理に引っ張り上げないで、矢印方向に爪を入れて開くとキーユニットを痛めないでスコッっと外れます。
( ̄△ ̄;) 深爪しないように気を付けましょうね!

ロックボタン・オートスライドドアボタンは透明シリコンカバーで押さえてありますが、外した時にボタンが落ちることもあるので、ボタン側を下(Hマーク側を上)で開きましょう。

ボタンが外れても簡単に直せるので安心してください!

(2)電池を外す

電池のすき間に爪楊枝を差し込んで電池を外します。
下の基盤に当たらない様に水平に差し込みましょう♪
(^_^) 少しキツイかもしれませんが指の爪でも外せます♪

(3)電池を入れ替えて完了

新しい電池を入れて(プラスとマイナスを間違えないようにしましょう)、逆手順で組めば完成です。
キーユニットは、少し力を入れればパチンッ!とハマります。

3,エマージェンシーキーの取り出し

スマートキーの電池が完全に切れてしまった場合は、エマージェンシーキーでドアの開錠ができます。

旧型は抜くだけでしたが、新型は横のノブを押しながら抜くタイプに変わりました。

4,注意! セキュリティアラーム

セキュリティシステムがセットされている時にエマージェンシーキーで開錠しドアを開けると、セキュリティアラームが作動します。

(1)セキュリティアラーム自動セットの条件

セキュリティアラームは以下の条件が整うと自動的にセットされます。

◦パワーモード(エンジンスタート・ストップスイッチ)がOFFの時
◦ボンネットが閉まっている時
◦スマートキーまたはキーレスエントリーシステム(ドアのロックボタンなど)で全てのドアとテールゲートが施錠されている時

(2)セットを解除するには

スマートキーまたはキーレスエントリーシステムで開錠するか、パワーモードをONモードにすると解除されます。

スマートキーが電池切れの時は、「ENGING START/STOP を2回押す」の手順でアラームを解除できます。

5,スマートキー電池切れでのエンジンスタート

スマートキーの電池が切れた状況でもエンジン始動は可能です。

ENGING START/STOP (以下スイッチと呼称します)を押すと「ピーピーピーピー」とブザーが鳴り、スイッチが約30秒間白色点滅します。

点滅している間にスマートキーの「Hマーク部」をスイッチに接触させます。

すると、「ピッ!」とブザーが鳴り、スイッチが約10秒間白色点灯します。

点灯している間にブレーキペダルを踏みながらスイッチを押します。
(ブレーキペダルを踏んでいない時は、アクセサリーモードになります。)

エンジンが始動したら、電池購入に走りましょうね!(笑)
ディーラー、ホームセンター、電気店には有ると思います。

6,まとめ

先日、妻がスマートキーを不携帯で出掛けてしまった事件がありました。

もし、エンジンストップスイッチをOFFにしていたら、セキュリティアラームが作動して、たぶんですが旧型N-BOXは、バッテリーの端子を外さない限りはアラームが解除できないと思います。

そういうことが稀にあるので、新型N-BOXはアラーム解除が簡単にできるようになったと思うのですが、これってね、車泥棒にしてみればラッキーなわけで、車のセキュリティって難しい問題ですよね。

そんなことがあったので、新型のスマートキーは、キーケースを色分けして、妻も常に携帯しておくようにしました。

赤いのがわたしのだよ!

私がハードケースを好むのは、ズボンのポケットに入れてしゃがんだ時にオートスライドドアのスイッチが誤作動することがあり、スイッチが奥まった位置になるハードケースにしてからは誤作動がなくなったからです。

ハードに限らず、ケースも様々なタイプが出ているから迷いますよね。

そんなに高価ではないので、色々なタイプを揃えてみるのも楽しいかもしれませんよね♪

(^▽^)/ それではまたっ♪

Sponsored Link