Ninja1000の日常点検  DIYで行う簡単な整備9項目

こんにちは、アーチビです。

今回は、Ninja1000 の日常点検整備を紹介したいと思います。
休日でやる事なくて、外は雨でバイクにも乗れないなんて時!

(*´﹃`*) ボケーッと過ごすのも悪くないですが!

次のツーリングに備えての点検はいかがでしょうか?

最近のバイクは壊れないと言っても最低限の点検は必要ですよね。
9項目の点検ですが、タイヤの点検以外は、毎度全てをやるわけではなく、違和感を感じた時とか、定期的なものは「そろそろかな?」という時に行えばいいと思います。

Sponsored Link

PVアクセスランキング にほんブログ村

1、タイヤの点検

空気圧やタイヤの減り具合、また、釘などが刺さっていないかなど、タイヤの点検だけは頻繁にやっておいて損はないと思います。

ちなみに、Ninja1000の場合、指定空気圧は下表の数値です。

Ninja 1000 メーカー指定タイヤ空気圧
前輪 250kPa  ( 2.50kgf / ㎠ )
後輪 290kPa  ( 2.09kgf / ㎠ )

⇩画像は700円ほどで購入できるエアゲージですが、携帯性にも優れ非常に便利です。
バルブから外しても計測数値で針が止まっているので確認がしやすいです。
エアー調整バルブはエアーが多い時のエア抜きや測定後に針を0に戻す時に使います。

 
また、エアコンプレッサーや本格的なエアゲージがあれば完璧ですよね。
タイヤの空気入れ以外にも大変重宝しますので、興味がありましたら、そちらのページも覗いてみてくださいませ。
 
 
エアコンプレッサーはオイルレスタイプがおすすめです。

エアゲージは、二輪用チャック付きを選んでおけば四輪にも二輪にも使えます。

2、ブレーキ液量の点検

液量の点検やオイル量点検はバイクを垂直にした状態でなければ正しい測定ができないので、そこがセンタースタンドのない Ninja1000の 欠点かな?

 
というわけで、「フロントホイールクランプ」&「メンテナンススタンド」を装着して作業するのですが、私的に、前出の「エアーコンプレッサー」と合わせて「メンテの三種の神器」だと感じております。
 
 
フロントホイールクランプとメンテナンススタンドについて、詳細に説明しているページも作成しておりますので、興味がありましたら覗いてみて頂ければ嬉しいです。
 
5千円少々のフロントホイールクランプだけでも垂直(多少の傾きはあります)になるので、コスパ的にも購入して損はない器具だと思います。

 
フロントホイールクランプで垂直にしておけば、一人でのメンテナンススタンド掛けが超簡単に出来るようになります。

(1)フロントブレーキ液量点検

フロントブレーキフルードのリザーバタンクは、Ninja乗りがリストバンドで隠している右ハンドルの付け根上部です。液量がアッパレベルとロアレベルの間にあれば正常です。

(2)リヤブレーキ液量点検

リヤブレーキフルードのリザーバタンクは、リヤスプリングの荷重調整ダイヤルとマフラーの間にあります。
反対側から見ると、分かりやすい(見やすい)です。

3、冷却液の点検

冷却液タンクの位置はエンジンの後方です。

 
冷却液がリザーブタンク内の「F(上限)ライン」と「L(下限)ライン」の間にあればオッケイです。
⇩画像はエンジンが冷えている時なので「Lライン」ですが、エンジンが暖まると増えます。
 
エンジンが暖まり冷却水の温度が高くなると、液が膨張して圧力が高まり、一定の圧力を超えるとラジエーターキャップの加圧弁が開いてリザーブタンクに液を送る仕組みなので、冷えている時は「L(下限)ライン」でも大丈夫ということです。
 
ちなみに、冷却液が少なくて補充する場合は「ロングライフクーラント」と水道水を1:1に混ぜ合わせて、必ずエンジンが冷えている時にリザーブタンクのキャップを外して、入れ過ぎないように注意して補充します。

4、ブレーキライトスイッチの調整

リアブレーキのライトスイッチは、ブレーキに足を乗せただけで点灯するのは敏感過ぎるし、強く踏まないと点灯しないのもNGですよね。
ブレーキペダルを10mm踏み込んだ時に点灯するのが適正です。

私のNinjaは適正値でしたが、スイッチ場所の説明のためにステップブラケットを外してみましょう。

⇩画像「ⓐ」のブラケットボルト(六角6mm)2カ所を外すと、右フロントステップブラケットがステップごと外側へ引き出せます。

マフラーガードや各ホースがジャマして引き出しにくいですが、知恵の輪的に引き出せる感じです。キズ防止で下にタオルを噛ませています。

ライトスイッチ本体には触らないように、調整ナットを回して調整します。
ナット位置を上に上げれば早く点灯し、下に下げれば点灯が遅くなります。

調整後のブラケットボルトの締め付けトルク値は「25Nm(2.5 kgfm)」です。

デジラチェについてのページも作成しておりますので(使い方や、バイク整備に適したトルク設定商品の選び方など)、興味がありましたら覗いてみて頂ければ嬉しいです。

 

リターンライダーランキング

5、クラッチレバー 遊び調整

レバーを手で抵抗を感じるまで引き、クラッチレバーとレバーホルダとの間が2~3mmあるのが適正です。

調整は、クラッチレバー側のロックナットをゆるめ、アジャスタを回して行います。
 
 

6、スロットルケーブル 遊び調整

スロットルグリップを回して2~3mmの遊びがあるのが適正です。
調整用アジャスタの位置は⇩画像で示している位置です。

 
スロットルケーブルがたるんでいると、スロットルの開度に対してエンジンレスポンスが遅れ、ケーブルが張りすぎていると、グリップに遊びがなくなりスロットル操作がシビアになります。
 
調整方法は、⇩画像で説明します。
「D:ロックナット」をゆるめ、「C:アジャスタ」を回して調整後、「D:ロックナット」を締め付けて完了です。
「A」は「スロットル(閉じ側)」で、「B」は「スロットル(開け側)」のケーブルです。

7、アイドリング回転速度の調整

アイドル調整スクリュの位置は、オイル注入口の上あたりにある小さなダイヤルです。
エンジンが冷えている時はアイドリング回転が高いので、調整する時は必ずエンジンが暖まった状態で行います。

調整後は数回空吹かしをして、アイドリング回転数にバラつきがないか確認します。

8、オイルの点検

オイルレベル点検窓からオイルの量と色を見ます。
アッパレベルとロアレベルの間にあれば適正です。

 
自分で行うオイル交換作業の詳細説明ページも作成しておりますので、よろしければ覗いてみてくださいませ。

9、ドライブチェーンの点検

チェーンのたるみ(上下に張った時の上と下の間隔が20~30mm)は問題ないですが、汚れが目立ってきたので、そろそろチェンシコ(洗浄と給油)が必要ですね。

 
チェンシコとは、チェーンをシコシコ磨く様子を略した俗語ですが、バイク乗りやバイク業界では標準語ですよね?(笑)
 
 
ドライブチェーンメンテナンスについての詳しい内容は、チェンシコのページで詳細に説明することに致しました。
 
 
今回は、日常点検の9項目についてのお話しでしたが、誰かのお役に立てれば幸いです♪
(^▽^)/ では、また♪
 

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村

Sponsored Link