リターンライダーと大型バイク Kawasaki Ninja1000の魅力

こんにちは、アーチビです。

第三次バイクブームと言われている昨今ですが、弊害として、中高年のリターンライダーによる事故の増加も取り沙汰されるようになりました。

私の住んでいる田舎街でもバイク事故が稀にありまして、例えば「大型バイクの高齢ライダーが自動車専用道へ合流する急コーナーを曲がり切れなくて壁に激突し死亡。」なんていうニュースが流れると、「自分の技量に合わないバイクに乗っておられたのかな?」と、中高年当事者の私でも思うわけで、中高年ライダーの危険性を訴える世の風潮も理解できます。

Sponsored Link

1、リターンライダーにとって大型バイクは憧れ

1980年代のバイクブームを謳歌していた中型免許(現普通自動二輪免許)ライダーがリターンを考えた場合、当時は東大へ入るより難しいと言われた「大型自動二輪免許取得」が、自動車学校で取得可能となった現在、夢の大型二輪免許を取得してのリターンが増えるのは自然の流れだと言えます。

リターンライダーだけではなく、若い頃に憧れていたけど乗れなかった人が、金銭的に余裕ができた年齢になり、初めてのバイクで大型バイクを購入するというパターンも多いわけで、そりゃあ危ない場合もありますよね!(苦笑)


リターンライダーランキング

2、現在の250ccクラスは超魅力的

そういう危険性を考慮して、初バイクの場合は段階を踏むために、リターンの場合はリハビリも含めて「250ccクラスから始めてみませんか?」という話になる事があります。

確かに、現在の250ccクラスは魅力的なバイクが多い上に、先日の東京モーターショーでは、250ccクラスでは今後出る事はないと言われていた4気筒エンジンのバイク「Ninja ZX-25R」がカワサキから発表されるなど話題が豊富です。

ちなみに、
現在市販されている国産250ccの最強は「HONDA CBR250RR」(価格821,700円~)です。
車両重量167kg(ABS仕様)。2気筒エンジン 38ps/12500rpm。

(CBR250RR)

電子制御スロットルなどを搭載したCBR250RRは、250ccとしては破格の高値と言えますが、4気筒エンジン「ZX-25R」は、それを超える価格での登場は間違いないと思います。

(Ninja ZX-25R)

過去の4気筒250ccを所有していた経験で言えば、250ccクラスの車両重量は年配者でも扱いやすく、淀みなく回る超高回転エンジンは官能的であり、軽量な車体と相まってのパワー感は「大型バイクは要らない」と思えるほどです。
それに加えて現代の技術「KTRC(カワサキトラクションコントロール)」「KQS(カワサキクイックシフター)」「パワーモード」など、電子制御や最新技術が満載だから、過去のレーサーレプリカのような危うさは減り、高額でも購買層はあると思います。

でもね!今回は、そんな素晴らしい250ccよりもNinja1000をお薦めするお話なんですよね!(笑)

3、それでも乗りたい大型バイク

「CBR250RR」や「ZX-25R」は非常に魅力的なのですが、腰痛持ちの中高年には辛い前傾姿勢を強いられます。「ZX-25R」のレッドゾーンは17000rpmですが、そこまで回せば大幅速度オーバーであり、なにより、17000回転の領域を感度が鈍ったオジサンは求めない!(笑)

ならばっ!

アップハンドルでリラックス姿勢の「Ninja250」があるじゃないか!
654,500円とリーズナブルで、CBR250RRにも負けないパワフルな2気筒エンジンを搭載し、カッコイイし扱いやすいし、オジサンには過ぎるくらいのバイクです。

でもね!

中高年には、要らぬ見栄やプライドがあるんです!
若かりし頃に憧れていたのは、『750ライダー』『あいつとララバイ』『バリバリ伝説』であり、概ね大型バイクなんですよ!(笑)

そう言いながら、私は昔も今も、「Z400FX」に心がときめいているんですけどね!

( ̄▽ ̄;)とりあえず、FXの話題は置いておきましょう!

4、おすすめリッターバイク「Ninja1000」

というわけで、やっと「Ninja1000」のお話しです!(笑)

大型バイクはハッキリ言ってデカくて重くて取り回しが大変です。
「ちょっとそこまで煙草を買いに!」なんて時には、原付か自転車の方がはるかに便利です!

ただね、先日、山奥(という程でもないんですが)に住んでる私が、「ちょっとそこのGSへ給油へ!」と出掛けたついでに、更に、ちょっとそこまで走ってみたのが「日本海」です。

分かっていただけるでしょうか?

勿論、250ccバイクでも同じ事はできますが、1000ccの余裕あるトルクと高速での安定感、ひとたびアクセルを捻れば瞬時に後続車を引き離すパワー!
ヒュルヒュルと回る低速回転から、4500回転を超えた辺りで「クォーーン!」と響きだす重厚な吸気音・排気音・カムの共鳴音!

「ゼファー1100」を所有していた頃の私は、走行距離が200kmを超えると疲れを伴っていたのですが、「Ninja1000」は疲れないどころかもっと走りたくなるバイクであり、この重厚さは250ccでは味わう事が難しい感覚だと思います。

なので、リターンを考えているそこのお父さん!
リッターバイクに乗りたいけど自信がないかも・・・と躊躇しているあなた!
僕ごときがリッターバイクなんてと謙遜気味のお兄さん!

そして、短足だからデカいのは無理!なんて言ってる人は隠れて脚を伸ばせばいいんです!(笑)

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村

とにかく、これから大型バイクを考えている人は、どの年式でも構わないので、一度「Ninja1000」に乗ってみてください。

身体に無理を強いない適度なポジションとロングツーリングの利便性を持ちながら、スポーツ走行にも対応する車体を持つ万能モデルです。その乗り易さに驚かれるかもしれませんよ。
(^▽^)b

ただし、安全運転は忘れないでくださいね。
( ̄▽ ̄)v

Sponsored Link

PVアクセスランキング にほんブログ村