クルマ&バイク 事件簿一覧

追尾式速度取締 覆面パトカー編

追尾式取締りでスピード計測に入るのは「赤色灯を点灯してから」と聞いているので、今回の様に赤色灯に気付いたのなら、ブレーキを踏んで覆面パトの後ろへ車線変更をすればバツは悪いかもしれませんが捕まる事は無かったはずなので、それも運転スキルですね。

ガラガラの駐車場なのに、何故?隣に停める? 私にもあったトナラー被害。

他にも止めるスペースが沢山あるのに、何でわざわざ遠くに1台だけの我が家のクルマの横に来たのか?助手席に人が乗っていたのならまだしも、運転手一人だけなのに、何でわざわざ障害物(我が家のクルマ)側での降車を選んだのか?一番不思議だったのは、左側は、だぁ~~れも止めていない、広大なスペースなのに、何でわざわざドアが当たる距離に近づけて止めたのか?

スピード違反取締現場に遭遇しました。

「取締に気付いてスピードを落とせるドライバーは事故も未然に防ぐことが出来る。」「だから、直線の終わりで取り締まっていた!」と言われれば、ぐうの音も出ません!建物や街路樹等に隠れてやってる取締も多いので、今回は、「お巡りさん、ご苦労様です」と言わせていただきますが、捕まえる為の取締りではなく、安全運転を促すための取締りを!どうかひとつ、よろしくお願い致します。